読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由形スピードアップ・プログラム【佐藤久佳 監修】の動画

北京オリンピック男子メドレーリレー銅メダリスト佐藤久佳の水泳上達法

佐藤久佳の教える自由形のキックのやり方

まず大事なのが脚が水面よりも上に出ないようにする事。つまり水面を足で叩くのではなく、水中で水を蹴るという事です。

動画を見れば、キックの時に足はどう動かすべきなのかが分かると思います。

>>動画で水中での足の動かし方を見る

 

この足の動かし方が出来るようになるために大切なのが、脚が開かないようにする事。


脚が閉じた閉じた状態を閉じた状態を維持してキックを行うためには「内転筋」という筋肉を鍛えると効果的。この内転筋を鍛える為の方法も解説されていますので、動画を見て鍛えていきましょう。

 

クロールの後半で、失速しないで一気にスピードアップする方法

佐藤久佳自由形スピードアップ・プログラム」では、後半のスパートでスピードアップするトレーニング方法を紹介しています。

>>動画を見る

 

もちろん、スタミナがあるに越した事はありませんが、スタミナに自信が無くても後半で失速しないで泳ぐ事は出来ます。

最も無駄の無い力で最高の推進力を得られるスカーリング、キックのドリルの方法を習得しましょう。

>>最高の推進力を得られる方法

 

 

自由形スピードアップ・プログラム 動画はここから見られます

自由形スピードアップ・プログラムは北京オリンピック男子メドレーリレー銅メダリスト佐藤久佳が監修したDVDです。決して安くはない価格なので迷っている方も少なくないと思いますが、下記リンクから内容の一部が動画で見られます。

>>動画を見る

 

あなたは、どうすればより速く泳げるようになると思いますか?

大人のスイマーとしての理想的な身体を作る方法はご存知でしょうか?

人一倍『練習量を多くする』
スイマーに必要な『体力をつける』

いいえ…これだけでは、決して後半失速しないスイマーにはなれません。

このようなトレーニングは、
佐藤さんから言わせれば、数世代前のトレーニングと言わざるを得ません。
「じゃあ、一体、どんなトレーニングをすれば…?」
続きを読む